筒井筒(龍田山)

昔、田舎まわりをしていた人の子供たちが井戸のあたりに出て遊んでいたが、

大人になったので、男も女も恥ずかしがっていたけれど、男はこの女を得ようと思う。女はこの男を

と思いながら、親が(他の人に)逢わせようとするけれど、聞かないでいた。さて、この隣の男の元から

このようになあ(歌を贈ってきた)

 つつゐつのいづつにかけしまろがたけ すぎにけらしな妹(いも)みざるまに

 (筒井つの井筒でくらべた私の背丈は 井筒を越えてしまったらしいお前に会わない間に)

女返し、

 くらべこし振り分け髪も肩すぎぬ 君ならずしてたれかあぐべき

 (長さを比べてきた振り分け髪も肩を過ぎた あなたでなくて誰が髪上げしましょうか、いやしません)

など、言い合って、とうとう元からの気持ちのとおり、逢ったのだった。

 さて、数年経つうちに、女は親が亡くなり、当てにするところがなくなるにつれて、(男は)

「一緒に、どうしようもなくていられようか、いられない」と言って、河内の国、高安の郡に行き通う所が

できてしまった。そうだけれども、この元の女は、「ひどい」と思っている様子もなくて

男をいかせてやったので、男は「別に気持ちがあって、こんなふうでいるのだろうか」と思い疑って

前栽(植え込み)のなかに隠れ座っていて、河内へ行ったふりをして見ると、

この女はとてもきれいに化粧をして、景色を眺めて(ちょっと歌って)

 風吹けばおきつ白波たつた山 夜半にや君がひとりこゆらん

 (風がふくと沖に白波が立つという龍田山を 夜中に貴方が一人越えているのだろうか)

と詠んだのを聞いて、この上なく愛しいと思って、河内へも行かなくなった。

 たまに、例の高安に来て見ると、(高安の女は)はじめは上品にしていたが、今は打ち解けて、

自分でしゃもじを取って、ご飯の椀に盛っているのを見て、なさけなく思って、行かなくなってしまった。

そういうわけだったので、例の(高安の)女は大和(奈良)の方を見やって、

 君があたり見つつを居らん生駒山 雲なかくしそ雨は降るとも 

 (あなたがいるあたりを見ながらいましょう、生駒山を 雲は隠さないで、雨は降っても)

といって、外を見ると、ようやく大和の人(男)が「来よう」と言ってきた。喜んで待つが、

何度も来なかったので

 君こむといひし夜ごとにすぎぬれば 頼まぬものの恋つつぞふる

 (貴方が来ようと言った夜ごとにいらっしゃらないので あてにはしないけれど恋い慕いながら過ごしています)

と言ったが、男は住まないでおわってしまった。

 

     ホームへ

奈良に筒井というところがある。

そこは大和郡山の南で、国道25号線沿いにある。

この道路は、東は檪本(いちのもと)から西へまっすぐ奈良盆地を横切り、

西は竜田川を越えて、山間を大和川沿いに大阪平野に入り、平野を通って、四天王寺の南に至る。

法隆寺に車で出かけた時、筒井という地名を見つけた。驚いている私に、奈良出身の夫は、

「この道は昔からある道で、竜田から大阪へ抜けるんだけど、筒井筒とか竜田山の話を

掲示板に書いていたから筒井のことも当然知っているんだと思ってた」と『何で知らんの』と言わんばかり。

とはいうものの筒井からは、奈良の都からよりもましとはいえ、河内の国高安までかなり距離がある。

ただ、川があって、富雄川と佐保川に挟まれた地域なので、どちらかの川を舟で下って山を越えれば、

河内の高安に行くのはたやすい。(佐保川からならば、奈良時代の龍田道のコースそのものだ)

そういえば、本によっては「筒井筒」とあるが、伊勢物語の古い本文は「筒井づの」である。筒井津か?

奈良時代までは河内や大和では舟が大きな役割を果たしていた。

推古十六年の斐世清の例をあげるまでもない。

     ホームへ

そもそも、龍田山を越えるのに何で「白波」が関係あるのかとずっと思っていた。

たしかに「沖つ白波」は「沖の白波が立つという龍田山」ということで、龍田山の序詞(じょことば)で

高校時分「白波は盗賊の意」と習ったが、いくら白波=盗賊が中国出典(後漢書)で

『袖中抄』など平安時代の注釈に載っていても、山に沖つ白波は今ひとつ釈然としない。

しかし、山の向こうが海なら、……。

JR関西本線で大和川沿いに山越えするとき、峡谷になっていて景色がよい。

(坪井清足氏によれば昔、大和では舟に乗って龍田まで行き、河内から難波(なには)へ舟で行ったが、

亀の瀬付近は地すべりがあるので、龍田の山を徒歩で越えたという。

『国文学解釈と鑑賞』別冊「発掘・奈良」昭和59年4月、「大和への道」参照)

万葉集をみると、天平時代など都から難波に出て行くときのランドマークが龍田山だったから、

たたなづく青垣である生駒山地の向こう側、河内の海へ出て、沖津白波立つ田山……。

  海の底 沖つ白波龍田山 いつかこえなむ妹があたりみん(万葉巻一・83)

  朝霞 やまずたなびく 龍田山 船出しなむひ 我こひめやも(万葉巻七・1181)

伊勢物語のほうも「まろ」とか「妹」とかなんだか万葉調で、元は奈良時代かそれ以前の話では?

  君があたり 見つつも居らむ 生駒山 雲なたなびき 雨は降るとも(万葉巻十二・3022)

ただ一つ問題は、国道25号線と富雄川の交差するところに大和の「高安」があるのですよね。何故?

 伊勢物語     歌枕へ