東区史の口絵の古地図

  注釈  四天王寺周辺  仁徳天皇大宮跡 石山(現・大阪城)周辺

  画像  堀江 四天王寺周辺 仁徳天皇大宮跡 石山(現・大阪城)周辺


 この古地図は偽書説もあるが、それはひとえに河堀口から茶臼山の南の川底池に川が流れていることによる。

しかし、この位置に川が流れている古地図は、これ一つではなく、石山合戦配陣図など合戦図で見ることがある。

なお、戦国の合戦図では、東区史の古地図よりも、上町台地を横切る川が1,2多い。

 

≪東区史の古地図の最大の特色≫

 在り処が知られていなかった寺社が、かなり現在知られている位置に近いところで示されている。

 @「百済寺」は四天王寺周辺(画像)に出てくるが、これの位置は伝承では知られていたものの、

ちょうどこの位置にある堂ヶ芝廃寺が百済寺であることは、近年になってわかったものである。

 A石山(現・大阪城)周辺(画像)では、「熊野一之王子社」や「生玉社」や「座摩社」の位置が、

大阪城築城の前の伝承どおりの位置にある。大阪城築城によって多くの寺社が移転したが、

伝承で元の位置が漠然と知られるだけなので、それぞれの位置関係まではわからず、

推定ではなかなかこのような地図にはなりにくい。

 B石山(現・大阪城)周辺(画像)の「天王寺跡」は 、水運については非常に重要な拠点になる位置にある。

確かに百済川の下流でもある。

 

≪朱書の注≫

朱書の注は、その多くが摂津名所図会によると思われる江戸時代のもので、参考にはなるが、

残念なことに必ずしも正確ではない。あまり知識がない人が書いたように見える。

例えば、申庚 南門土塔町超願寺是之 の書き込みは、

「庚申」の間違いの上、超願寺と一緒になってしまっている。

確かに庚申堂は超願寺のすぐ近くにはあるが、少なくとも江戸時代には同じものではない。

 

≪堀江について≫

そもそも、江戸時代に大和川が開削されるまで、狭山川が狭山池から流れてきていたので、

東区史の古地図で、南から堀江に流れてくる川に狭山川という書き込みがある)

この古地図にいう堀江には水が十分供給されていたはずである。江戸時代にはまだ名残があって、

少なくとも、摂津名所図会では、源ヶ橋付近(天王寺町、国道25号線沿い)は湿地帯で蛍の名所だと

今の乾燥した様子からは想像もできないことが書かれている。地形としては現在でも、25号線沿いに

いくらか谷地形が残っていて、庚申堂の南の谷の底になる所には、清水があり、地蔵が祭られている。

 

考古学では、谷地形があっても、茶臼山の川底池の水面まで、8メートルも高低差があるとして、

東区史の古地図は否定されている。

が、同じ台地上を東西に横切る川がもう一つある。

住吉大社の南の「細井川」も水面が地面からかなり低く、名前のとおりの川である。

上町台地を越えるために、細く深い井戸のような川が必要だからであろう。

今はまだ、水のある細井川は何とか残っているが、近い将来埋められてしまう可能性もなくはない。

 

おそらく、大和川が江戸時代に開削されたことによって、狭山川の河道が断たれ、

住吉南部の人々が水不足に悩んだように、古地図にある堀江も水が減り、

上町台地を越えられるだけの十分な水量を保てなくなり、埋められてしまったのではないか。

 2008/03/25 更新  伊勢物語内田美由紀