難波の宮の謎    


前期難波宮・後期難波宮の京域にはいろいろ説がありますが、もっと根本的に素朴な疑問があります。

一体、難波宮の都の正面玄関とも言える、羅城門はどういうところにあったのでしょう?

何故このような疑問を持ったかと言うと、

現在の研究では堀江は大川のことですが、それでは港が宮と背中合わせのような位置になってしまいます。

その上、難波の宮の京域は決して平坦ではありません。難波の宮跡からまっすぐ南下するとアップダウンが烈しいのです。それならば、北摂地域に築いたほうが、少しはなだらかだったのでは?

天子は南面す、ということで、宮は都の一番北になります。そして、都の正面玄関、羅城門は都の一番南になり、普通ならそこが国の大動脈につながっています。

平城京では羅城門は下ツ道につながり、佐保川も流れていて、竜田道に向うことが出来ます。

平安京では羅城門は山陽道につながり、鴨川から淀川へ行く事も可能でした。

では難波宮の羅城門は?


     2001.3.26作成   2008/03/25 更新   地歴探訪  伊勢物語内田美由紀