津の国の「くまがわ」

 平安時代の大阪への旅行の記録を見ていると、「くま河」(「熊川」)が出てきます。

岩波の『日本古典文学大系 栄華物語』頭注では「くま河」を未詳としていますが、

『(大阪)東区史』では「くま河こま川で、巨麻川は「大阪市史」等に言ふ狭山池西除川で、

新大和川開通までは依羅池に通じ住吉神域に達するものであつた」とあります。

つまり、今の駒川です。なお、現代の「駒川」は川と町と両方の名前であるのですが、

過去の「熊川」の例は、川の名とも地名とも、どちらにでも取れます。

川の名前としては、時代が下るにつれ、「御熊川」「猫間川」と表記されているようです。

(ちなみに、『東区史』の古地図では、「狭山川」と書かれています。)


  『栄華物語』の長元四年九月の彰子住吉・石清水行啓 旅程 

日時 場所 出来事
九月二十五日午の時

(午前12時ごろ)

御所 出でさせ給。
  賀茂川尻といふ所 御船に奉る。
戌亥の時ばかり

(午後8〜10時頃)

山崎といふ所

石清水

着かせ給て、ものなど参らせて後に、石清水に上らせ給。
暁方 (石清水〜山崎) 御経供養じ奉り給。

・・・その後船に帰らせ給。

二十六日 (山崎) 漕ぎ下らせ給。
  三島江といふ所 内の使に資房の中将、東宮の御使良頼の少将参りあひたり。
  江口といふ所 遊女ども、傘に月を出し、螺鈿・蒔絵、さまざまに劣らじ負けじと参りたり。
二十七日 津の国 津の国に着かせ給て
  くま河 やがてくま河に着かせ給。
二十八日つとめて 住吉 住吉に着かせ給。

殿・内の大殿など皆御馬にてえもいわれぬ御装束奉りて候はせ給。

御祓、社に詣でさせ給

酉の時ばかり(午後6時頃) 天王寺 天王寺の西の大門に御車とどめて、波の際なきに西陽の入りゆく折りしも、拝ませ給。
二十九日 亀井の水のもと (詠歌)
  帰らせ給浜道 競べ馬などするさへおかし。
  難波といふ所 御祓あり。・・・御船に奉りて
  川尻 着かせ給て
十月一日午の時ばかりに (川尻) 雨ふりて雷(かみ)鳴れば
二日 天の河といふ所 とどまらせ給て、遊女ども召して、日うち暮るるほどに歌読ませ給。
丑の時ばかりに 御船より下りさせ給て上らせ給へば
暁方 おはしまし着かせ給へば、

熊川に着いた翌朝、殿方は騎馬で住吉に着いているので、

熊川からは陸行したのではないでしょうか。

おそらく、熊川で船中泊、ないしは下船して山坂神社(東区史の古地図の「東田辺」とある神社)あたりに泊まったのでしょう。

 

この行啓では、石清水には夜に(石清水の祭礼はなぜか夜中)、

住吉神社には早朝(清々しい感じがします)、

四天王寺には夕暮れに着く(西門から西方浄土ということで夕陽を拝む)ようにしてあって、

それぞれの名所に相応しい旅程が設定されていて、なかなかの名プロデューサーがいたようです。


伊勢物語    2008/03/25 更新 内田美由紀